はじめてのリフォーム

リフォームを考えた「きっかけ」を 家族と共有することが大事です。

-「きっかけ」=「一番大切にしたい想い」-

リフォームをするにあたって予算やデザインなど
考えなければいけない事はたくさんあります。

でもひとつだけ大切にしてほしいのは、
何のためで誰のためのリフォームなのか?
という「きっかけ」です。

その「きっかけ」は必ず大切な誰かを思い描いているはずです。

リフォームをした後に、「やってよかった!!」と言っていただくためには、
その想いをカタチにしていくことがとても大切なことなのです。

まずはあなたの想いを大切なパートナーやご家族に
伝えてみることからはじめてみましょう!

STEP
01

いざ、リフォーム!の前に。

何のためで誰のため?
リフォームの目的を明確にしよう!

何のためで誰のため?リフォームの目的を明確にしよう!

リフォームのプランを最初に立てるとき、その最初の想いを大切にしましょう。このリフォームは何のために、そして誰のためにするのか?やりたいことが膨らんで何かを選択しなければならないような状況になったときに、この最初の想いがリフォームプランの羅針盤となります。

STEP
02

今わかる範囲の情報を整理!

スケジュールと予算の算段を
可能な限りたててみよう!

スケジュールと予算の算段を可能な限りたててみよう!

リフォームは考えることがたくさんあります。夢も想いもどんどん膨らみます。そこで大切なのは様々なリミット(=制約)を意識することです。もっとも重要なのがリフォームのご予算(資金計画)とリフォームの時期(スケジュール)です。ここをしっかり考えることでプランの輪郭がくっきりしてきます。

STEP
03

準備ができたら問い合わせ!

ショールームの予約をとろう!

ショールームの予約をとろう!

ショールームを見学することはプランを具現化するためにもっとも大切なことのひとつです。たとえば縮尺1分の一のキッチンを見て、実物に触れることで初めて気づくことがたくさんあるはずです。気軽に見学することも良いのですが、できればきちんと予約を入れて、当日に専門スタッフの方についてもらいたくさんのアドバイスを受けることをお勧めします。

STEP
04

内容に妥協はなし!

想いが詰まった理想のプランを検討!

想いが詰まった理想のプランを検討!

最初の想いをカタチにするために、やりたいことをイメージしました。資金計画とスケジュールを確認し、ショールームでさらにプランが明確になってきたところで、ここからプランの検討に入ります。リフォームプランナーに想いをどんどんぶつけましょう!

STEP
05

家族とたくさん話し合いましたか?

すべてを明確にしていよいよ契約!
そして、想いがカタチに!!

すべてを明確にしていよいよ契約!そして、想いがカタチに!!

いくつかのプランを検討して、目的や予算そしてスケジュールに沿うものが見えてきました。ご家族との話し合いがまとまったところで、いよいよリフォーム工事のための契約を締結することとなります。リフォーム会社によって契約書は様々ですが、内容の説明はしっかりと受けるようにしましょう。

STEP
06

ついに感動の瞬間!

ワクワクの工事とドキドキの引き渡し!
新しい生活のスタートです!

ついに感動の瞬間!ワクワクの工事とドキドキの引き渡し!新しい生活のスタートです!

工事期間中を通じてリフォームの工事現場では細やかな取り決めが必要となってくることがあります。そこで大切なのはお施主様と現場とのコミュニケーションの方法です。どのようなことも取り決めたことはメモをしておくことをオススメします。すべての工事が終わり、確認が終われば引き渡し。新しくなったお住まいで新しい暮らしがスタートします。リフォーム後のアフター対応もしっかりと安心できる会社を選びましょう!